春の大人メンズコーデ@20代の頃のお気に入りは30代ではダサい

春の大人メンズコーデ!メンズスタイルをみてみる

 

 

春の大人メンズコーデ@20代の頃のお気に入りは30代ではダサい

 

10代20代の頃って、私服で過ごす時間が多く、それは同時に服の種類も多くありました。特に大学生の頃はカジュアルな服から、ビシッと決めたスーツまで幅広く所有し、TPOに合わせたコーディネートは当然の振る舞いだったと思います。それが、社会人になり、スーツでいる時間が圧倒的に多くなるにしたがって、服装に対する気遣いが無くなってしまいました。その一番の失敗例として、20代の頃によく来ていた服の使いまわしです。定番のプリントTシャツでも、20代と30代では明らかに着た時の雰囲気が違います。その当時、お気に入りの、格好いいデザインのプリントTシャツを持っていたのですが、30代ではただダサくなるだけだと気づきました。たしかに、20代の頃は若さがあるので、はじけた柄のTシャツなども似合うのでしょうが、30代になるとはじけるような感じはなくなってきます。

 

やはり春の大人メンズコーデ、おじさん化してきている事を痛感する瞬間でもあります。プリントTシャツ自体は今でも嫌いではなく、というより寧ろ好きなのですが、それを着る時は、色を控えめにするとか、柄や文字は極力シンプルなものにするなど考え、なるべく新しい服を購入するようにしています。そして、もうひとつは、アクセサリー。シルバーのネックレスがお気に入りで、何十種類も所有しています。しかし、その付け方も20代の頃ですと、いかにも見せる様にじゃらじゃらと付ける事が当たり前でした。しかし、そのじゃらじゃら感は30代以降はダサさしかないと実感しました。むしろ春の大人メンズコーデは、シンプルに見えない程度にネックレスをする事の方がおしゃれに見えると思います。なかなかネックレスをする機会ってないので、付けるタイミングにはいっぱい付けたがってしまうのですが、ここは冷静になってシンプルにしていきたいと思います。

 

モテ服!スプートニクスの人気コーディネートをみてみる