夏の着こなしメンズは素材選びが決め手!モテる男性の夏服ポイント

夏の着こなしメンズ通販をもっとみてみる

 

 

夏の着こなしメンズは素材選びが決め手!モテる男性の夏服ポイント

 

夏の着こなしメンズの身だしなみのトータルを決めるのはやはり服装のセンス。モテる男性とモテない男性とではそのセンスの差は一目瞭然です。では何が具体的に違うのでしょうか。それは、「夏服の素材選び」です。Tシャツ、カッターシャツ、アロハなど、男性のトップスデザインは女性の夏服より限られてきます。そのため、同じようなものを好んで着る男性が多くなります。どんなにおしゃれな男性でも、季節によって服装のデザインをガラリと変える人はそう滅多にいません。確固とした好みやポリシーを貫く人が多いのが男性の服選びの共通した特徴です。

 

その中で夏の着こなしメンズでモテる人は夏服の素材を変えることによって、見た目や変化を楽しんでいます。夏のファッションに大敵なのは暑さと温度差。外で汗をかく体に吸収の高いコットンを選ぶのは定番ですが、Tシャツやタイトなコットンシャツ一枚だけでは服が汗で張り付いて体型が目立つ盲点もあります。逆に化繊、サテン素材は速乾性が高く涼しく感じられますが、室内に入ると汗ジミなどが残り、蒸れて体臭が残りやすい素材でもあります。確かに機能性、扱いやすいため洗ってすぐ着れるコットンシャツやTシャツを選びやすいものです。

 

または夏の着こなしメンズで夏らしい色彩の多いサテン生地を選んでしまうと一気にモテない男性に転落してしまいます。さらにこの手の服装はデザインによってはドレスコードに引っかかりやすいので注意が必要。夏のコットンTシャツやタンクトップはアンダーウェアとして活躍させるのが得策です。モテる男性は、着用目的や快適さ、見た目を思い計って綿混、麻やシルク素材のシャツを選びます。夏の着こなしメンズであってもモノトーンやシックな色合いのものが多いため体型もすっきり見えますし、ルーズなデザインも多いのでリゾートや遊びに行く服装としても多様性があります。たしかに自然素材はコスパやお手入れなどを考えると手間はかかります。

 

しかし着用感、季節に考慮した実用性においても優れているので夏の着こなしメンズコーデで、「気遣いがあるな、おしゃれだな」と周りの印象度がアップします。定番ではありますが、コットンのタンクトップの上に麻素材のカッターシャツ、同素材の濃いめのスラックスのスタイルはだれにでも好感を持たれますし、カジュアルならボトムはコットンやデニムなどを合わせるとラフに着こなせます。

 

151515151