社会人30代メンズファッション@パッションがなきゃ、ただのオヤジ

 

151515151

 

 

社会人30代メンズファッション@パッションがなきゃ、ただのオヤジ

 

社会人としての暮らしに慣れ始めた30代は、仕事に脂が乗り始める頃であります。脂が乗るのは体も同じ、仕事を優先しがちな30代は運動をする機会が減り、肥満になりがちになります。学生の頃と変わらず体が自由に動くため、本人は気付いていないことが多いですが社会人30代メンズファッション、学生の頃と同じファッションでは太った体には無理があります。スリム体型の学生の頃は、GパンにTシャツだけでもファッショナブルでしたが、太った体型でGパンにTシャツでは貧相に映ります。スリムな体型の方なら、ジャケットにキャップを被ってもオシャレですが、体型の崩れた方が同じような格好をすると、農家の会合に出掛けるお爺ちゃんのように見え、たくましさは感じますがオシャレとは程遠いです。

 

社会人30代メンズファッション豚に真珠ではありませんが、内面と外面のバランスが取れていないと違和感があります。痩せた者には痩せたファッション、太った者には太ったファッションなどジャンルには領域があり、その領域に立ち入るにはハイレベルなファッションセンスが必要です。大人からすると腰パンはだらしないと感じますが、ティーンエージャーの中では腰パンもクール、保護者が腰パンを注意しても聞く耳を持ちません。しかし、保護者が腰パンをして学校行事へ訪れたらどうでしょう、恐らく子供は恥ずかしいからヤメテと言うでしょう。30代は子供が出来て、興味の対象が自分から家族へ移行する時期、そのためファッションには疎くなり始めます。この流れは今に始まったことではなく、昔も同じこと、現在30代の方も子供の頃には大人はダサいと感じていました。

 

家族より自身の見栄えが気になる保護者か、それとも家族を守るために自分のファッションを後回しにする保護者、どちらがクールな生き方に感じられるかは、各家庭の事情によっても異なります。子育てが一段落した40代からすると、自分のファッションを後回しにする保護者がクール、子供に迎合しないで貫く生き方こそがパッション(情熱)、パッションがある社会人30代メンズファッションならGパンにTシャツだけでもクール、ダサいとは言わせない。

 

151515151