人気の春服メンズなら、大衆受けするファッションであれ!

春服メンズの着こなし!メンズスタイルの人気コーディネートをみてみる

 

 

人気の春服メンズなら、大衆受けするファッションであれ!

 

昨年私も30代に仲間入りした。若いときに比べて被服代を以前のようにかけれなくなって久しい。私が思うに、服装にお金をかければおしゃれかといわれれば必ずしもイコールではないと思う。ファッション誌によっては一着ウン十万もするジャケットなどもあるが、そういったものを常に身につけられる人種は極一部であり、それ以外はダサいかといえばそうではない。安価でもおしゃれはできる。

 

だからといって人気の春服メンズ=安価でいいわけではないが、その安価で安いから、セール品だからと似たようなデザインを購入するようになるようになることがダサさへ直結するのだ。例えば、休日などに上下スウェットでいるこれは別に自宅内であれば構わないし個人の自由だ。だが、外出時にはパーカーにデニムといったワンパターンな服装、無難な選択をした服装はダサいと思ってしまう。人気の春服メンズパーカー・デニムも色々あるが、往々にして私がダサいと思う30代はそのような格好でいることが多い。だからといってパーカーすべてが悪ではない。

 

30代になると体型も崩れてくる。それを体型を隠せるもので隠して、隠しだすと人間というものは楽なほうに流される習性にあるため、隠すことしかできなくなる。つまり、自分の体型を隠せるものしか着れなくなったとき人はダサくなる。おしゃれな服装は小物使いをうまくできる、重ね着がうまいと私は思うのだが、体型を隠すパーカーを着用する人たちがストールや重ね着をしたところで着膨れするだけで、誰もおしゃれとは思わない。色使いもそうだ。季節にもよるが、年中同じ配色、モノトーンの配色を選択するのは間違いないかもしれないが、保守的である。

 

いつも着ている服がダークな配色だとやはりダサいと思う。季節によっては明るい色を取り入れることも人気の春服メンズとして重要であり、モノトーンな配色がおしゃれであるなら、店舗やファッション誌はすべて似たようなものしか扱わなくなるはずだ。毎年流行色が扱われるのだから、色使いも考えてこそのファッションである。つまり、体型に気を配りつつ、会うたびに異なる服装や色や小物つかいができるのがダサくない服装だと思う。

 

151515151