秋服メンズコーデは、コンサバティブでトラディショナル≪具体例≫

女性にモテる服装!スプートニクスの人気コーディネートをみてみる

 

 

秋服メンズコーデは、コンサバティブでトラディショナル≪具体例≫

 

秋服メンズコーデの季節で言うと、秋は9月から11月までですよね。一口に秋と言っても、残暑厳しい9月上旬から震えるような寒さの11月下旬までありますよね。10月半ば辺りが、暑すぎることもなく寒すぎることもない一番過ごしやすい時期なのかな。私は暑いのは苦手ですが寒いのは特に苦にはしないので、9月一杯〜10月上旬までは、半袖の夏のファッションをしています。私はファッションに関してはコンサバティブなので、ボトムスはジーンズやチノパン、トップスは半袖のシャツやポロシャツ、Tシャツを着ています(短パンは履きません)。靴は4足のスニーカーを履き分けています。秋服メンズコーデは、トラディショナルに限ります。もう歳が歳なので、奇をてらうようなことはしません(若い頃も、奇をてらうようなことはしていませんでしたが・・・)。

 

10月に入りちょっと寒くなると、長袖の登場です。この時期は、長袖のシャツにジャケットやパーカーを着るようにしています。秋服メンズコーデでパーカーの時に履く靴はスニーカーですが、ジャケットの時は革靴を履くことが多いです。オシャレのポイントとして、「靴とベルトの色を揃える」を心掛けています。靴とベルトの色が揃っていると、全体的に引き締まった感じに見えてオシャレだと思います。私が思う秋に男性が着る秋服メンズコーデで一番オシャレだと思うのは、白地のシャツに紺色のジャケット、ボトムスはジーンズ(ダメージジーンズは不可)かチノパン、靴はベルトとお揃いの色の茶系のものです。これがベストな組み合わせだと思うのですが、毎日というわけにはいきません。ちなみに、現在私の勤務しているところはスーツ着用義務がありません。なので、毎日着ていく服に悩みます。自分の持っているアイテムを組み合わせて、秋のファッションを楽しみたいと思っています。

 

151515151