モテるメンズファッションの王道!色を使い過ぎるとNGなわけって?

30代男性のモテ服!スプートニクスの人気コーデをみてみる

 

 

モテるメンズファッションの王道!色を使い過ぎるとNGなわけって?

 

モテるメンズファッションで黒一色の男性もいれば、いろんな色のアイテムを考えなしに着ちゃっているひともいますよね。色は大体三色ぐらいがおしゃれだと思います。白、グレー、黒といった定番色使いのように、です。二色だと平凡になってしまい、四色以上使うと収拾がつかなくなります。トップス、アウター、ボトムス、靴、バッグと全部違う色を持ってくるとガチャガチャした印象になりますよね。三色まで、と決めておいてトータルコーデしてみましょう。たとえば、バッグと靴の色をあわせると(黒や白など)、トップスとボトムスの色を変えても三色になりますよね。

 

モテるメンズファッションで同じ色にするアイテムは小物、という風に決めておくのもひとつの手です。そうすれば洋服で好きな色を着られます。インナーに白を持ってくる場合は数にいれなくてもいいかもしれません。それほど目立たない色ですからね。シャツを腰まきにするというのは少し前に流行りましたが、いまはそれほどではないかもしれません。チェックシャツなどを腰まきでプラスしてしまうと色が増えてしまうので、カットソーやニット一枚をさらっと着たほうがいまは素敵ですよ。特に30代の大人男子は大人っぽさが問われます。色はそんなに使わなくてもいいんです。それにモテるメンズファッションで重要なのは、色のトーンはなるべくあわせたほうがシックになります。コートとボトムスの色をそろえる、とかですね。地味かな?と思われるかもしれませんが、大人男子ならワントーンコーデのほうが落ち着いてみえて素敵だったりします。色使いはそれでなくても難しいものです。

 

モテるメンズファッションって冬に向けてならば、黒などのダークカラーを多目に使うところを、春に向けてならば、ライトグレー、ベージュ、デニムカラーなどを加えると明るい印象になります。柄物のシャツやニットはそれだけで多色使いになるので、他のアイテムは黒にするなど、色の引き算を考えてコーデするといいですね。

 

151515151